!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2006年5月

[京島、トタン、ガード下、ボウリング場…]

いきなりタイトルとは無関係な、先週のひとこと。
「四つ手網座談会★中山信如を囲んで」にて。

「古本屋って云うのはランカイ屋みたいに、その状態、時間の経過を示すんじゃないかな・・・」
これは、古書店と云われることに対して、無店舗である石神井書林さんの、自分は古書店ではなくて古本屋なのだ、というくだりで云われたことなのだけど。
かっこいいぞ、古本屋、と惑わされてしまったのだった。
話の流れで云うと、店という形態にこだわってきたほうろうは古書店に含まれるんだけど、古本屋、なんか、さすらえそうじゃないかと・・・。(懲りない馬鹿ひとり)


さて、タイトルの。
ただいま根津のカフェNOMADでは、大倉ひとみさんの個展「ピアニシモな建築たち」、開催中。(5/30まで)
往来堂書店で売ってるカードを見たときから気になっていた。

先日、仕事明けの腹減りでNOMADへ直行。キルケニーで、宮地とほろ酔い。
ちょっとだけ均衡を失った頭で、大倉さんの画を見ていると、えも言われぬ浮遊感がある。
彼女が見て(恐らく)昂揚する建物、そこから生まれてくる線や微妙な色のトーンが、なんとも心をくすぐるのであり、ふだんは閉じてしまってる扉をコツコツと叩いてくる。
工場は、こうじょうではなくて、こうばなんだよな、というような大倉さんの画たち。うまく云えないけども。

曙ハウスの作品もあります。 ここに残っててよかった。

詳しくは、N的画譚


もひとつ。
谷中の月夜と眼鏡では、オオヌマショージさんのフォト&コラージュ展「レッツ ボウリング アゲイン!」。

なんか、こう、グワーッとこどもの頃に引き戻されるようですわ。
レーンの裏側、倒れたピンが引っ込んでシャキッとしたピンだけが降りてくるところのあっちっ側の写真に感動。ずっと見てみたかったんだ、あっち側。
頭ん中で、ピンの跳ねる音が響く。

オオヌマさんが集めてきたという、いやげものなボウリンググッズたちも、気分を盛上げてくれる。居場所はここだ!とばかりに、長い年月変遷を経てそこにたどり着けた物たちの含み笑いが聴こえそう。
あの、噂の、かぶり物も、しっかり観察。


詳しくは、ケサランパサラン日和 〜 谷中・月夜と眼鏡 〜


どちらもおすすめです。どうぞお出かけください。


(ミカコ)

コメントを書く

[四つ手網座談会]

 なないろ田村さんの絶妙な仕切り、石神井内堀さんの鋭い論説とボケ、忘れた頃に飛び出す月の輪高橋さんのひと言、そして本日の主役中山さんによるサービス満点の大風呂敷。大先輩にして異端の古本屋4人をお迎えしての「四つ手網座談会★中山信如を囲んで」は、絶え間ない笑いに包まれた、あっという間のひと時でした。

 各々の馴れ初めからはじまり、鶉屋書店の飯田さんや、古書業界に大きな影響を与えた反町茂雄さんの話まで、あちこちへ脱線しながらも最終的には、古本屋という仕事の楽しさ、奥深さ、そして貧しさ!!が浮かび上がってくる、そんな2時間でした。組合に入っていないぼくたちにとっては、業界内部の内輪話が聞けたのも収穫(内容自体はかなりスレスレだったようで、内堀さんなど冗談混じりに「これどこかに掲載したりしないよね」と何度も念を押してらっしゃいました)。地元のお客さんからの買取り中心でやっているぼくたちと、市場での仕入れがメインのみなさんとでは、同じ古本屋といってもその様相は違うし、本についての知識もまったく及ばないのですが、にもかかわらず、古本屋稼業における喜びや苦労の質については案外変わらない部分があることがわかり、これまで遠くに感じていた方々が少し身近に感じられたのがうれしかったです。

 また、中山さん秘蔵の品(非売)の、一日限りの特別展示もありました。なかでも最大の目玉は、小津安二郎と野田高梧による原節子宛の署名入り『お茶漬けの味』。『古本屋「シネブック」漫歩』のなかでも触れられているものの現品です。実際にこうして見ると、なんでこんなものがここに存在しうるのか、と考えれば考えるほど、不思議な気分にさせられます。眼福でした(他にも、桑野通子のサイン入りブロマイドなどあり)。

 2次会は谷中の鳥よしへ。ここでは、谷根千の山崎さん所有の『ボン書店の幻』(稲垣書店にて購入)に、著者である内堀さんの署名を入れてもらうというのが最大の出し物となりました。せっかくだから、他の人にも何か書いてもらおうということになり、田村さん、中山さん、高橋さんと順々にまわり、最後にはその場にいたほぼ全員が何かしら書きこむという、寄せ書き状態と相成りました(モクローくんのイラストも入りました)。ぼくの見る限り書込み大王は月の輪さん。表3の部分をほぼ独占して「私の好きな映画ベスト5」を発表(第2位には『有りがたうさん』が!)。本番とは打って変わって爆発されていたその姿ともども印象に残りました。

 あと、面白いなあ、と思ったのは、書く人が増えれば増えるほど「もう駄目だな」とか「価値はないね」という声が挙ったことで、どういうことかというと、この世界では、本にせよ色紙にせよ、サインは一人だけのものが好まれるそうで、数が増えると売り物としての価値はどんどん下がってしまうんだそうです。それは有名無名を問わず、たとえオールスター寄せ書きというかたちでも駄目とのこと。ただ、先ほどの「小津安二郎と野田高梧から原節子へ」のようなあまりにも完璧なものであれば話は別だそうですが。

 来月の11日(日)には、南陀楼綾繁さんを聞き手に「中山信如の映画文献と目録談義」も行います。古書業界や古本屋についての話が中心だった今回とは趣向を変え、タイトル通りの映画寄りの内容になるのでは、と考えてます。映画、及び映画についての蘊蓄が好きな方は、ぜひとも足を運んでください。

(宮地)

コメントを書く

[連休中あれこれ]

 出勤した日は、一箱古本市の後始末をしつつ(スタッフによる反省会もありました)、店のなかに溢れかえる預かり本の計算を。非番の日は、おもに映画を観て過ごしました。また、仕事のあるなしにかかわらず、よくお酒を飲みました。

 三百人劇場での野村芳太郎監督特集では『次男坊故郷へ行く』『恋の画集』『東京湾』を新たに観ました。お客さんから「文句なく面白い」と太鼓判を押されていた『恋の画集』も爆笑に次ぐ爆笑で大いに楽しみましたが(続けて観た『東京湾』の衝撃的なラスト・シーンのせいで、すべて吹っ飛んでしまったのが、ちょっと残念)、個人的にもっともぐっときたのは『次男坊故郷へ行く』。まあ、お話自体はどうということのないものなのですが、野村監督の鉄道への愛情が満ち溢れた佳作です。

 冒頭の山間の駅舎を映すロング・ショットからはじまり、上り列車と下り列車のホームでの待ち合わせとタブレット交換。様々な角度から撮られる会津若松駅。なかでも駅長室で囲碁をさす伴淳三郎と坂本武の足元越しにホームに入線する貨車を捉えたシーンなどは、鉄道好きのハートを直撃するもので、「ほんとよくわかってるなあ」と思わされること度々でした。鉄道以外でも、会津若松の古い町並みを俯瞰で捉えた美しい映像など、印象に残る場面がたくさんありました。

 一箱古本市の翌日、たまたま時間がぽっかり空いたというそれだけの理由で、ほとんど期待しないで観たのですが、これはほんとに拾い物でした(終映後、バッタリお会いした谷根千の山崎さんも「よかったねえ」と仰ってました。良い作品を観た直後の高揚した気分を分かち合うことができて、これも幸運でした)。ここまでの何本かで薄々気付いていた「この人の鉄道好きはちょっと常軌を逸している」ということを、はっきりと確認できたという意味でも、観ておいてよかったです。小津安二郎クラスならともかく、野村芳太郎のような職人的監督のこのような嗜好について教えてくれる人はほとんどいないし、本もない。特集上映のチラシにだって書かれてません。でもそれだけに、今回のようなことがあると発見の喜びは大きいですね。

 ともかく、鉄道に始まり鉄道に終わる、あるいは鉄道に始まる、という作品が多いです。それに加えシャッポを脱がされるのは、たとえば通勤場面というサインとして使われる数秒の映像などでも、ここぞという撮影ポイントからの気合いの入ったショットが使われていること(『観賞用男性』にそういうシーンがありました)。鉄道の黄金時代という時代背景に恵まれたことも大きいですが、野村監督のおかげで後世に残った日本の鉄道風景は、いつかきっと正しく評価されると思います。

 あと、余談ですが、「男はつらいよ」シリーズにも、こうした「野村鉄道映画」の系譜を次ぐ作品があります。タイトルは忘れてしまいましたが、大原麗子がマドンナ役で、ほかに泉ピン子も出ているもの。長らく野村組で助監督や脚本執筆をした山田洋次監督による、野村芳太郎へのオマージュとか言っちゃうと大げさですが、鉄道ファンはぜひこちらもご覧あれ。


 池袋・新文芸座での松竹110年特集では清水宏監督の『有りがたうさん』と成瀬巳喜男監督の『君と別れて』を。どちらもこの日記で事前に紹介していたものですが、無事行くことができました。『君と別れて』についてはミカコが触れたので、『有りがたうさん』について。

 スクリーン上の桑野通子はかなり久しぶりだったのですが、やはり魅力的でした。これまでに観たことのある作品とは違って、身を持ち崩した流れ者の女(娼婦?)という役柄なのですが、着物の着こなしや話し方が醸し出す独特のムードがたまりません。バスのフロントガラス越しにみえる不機嫌そうな顔を見ていたら、『ナイト・オン・ザ・プラネット』のウイノナ・ライダーをちょっとだけ思い出しました。

 映画自体も、戦前の伊豆半島の風物を心ゆくまで堪能できる傑作(たぶんオールロケ)。伊豆半島を南から北へ向かう路線バスの一日を描いただけとも言える話なのに(あるいはそれゆえに)様々な要素が盛り込まれています。切り立った崖道を走るバスの様子を丹念に追ってくれているのもうれしかったですが、印象に残ったのは、そんな山道を集団で歩いていく朝鮮人労働者たちの集団(大家族?)でした。道路工事に従事しているという設定。

 また、2日間の新文芸座通いのおかげで、池袋の古本屋、往来座さんにも初めて伺うことができました。一箱古本市の準備の段階で、助っ人の方が縁を繋いでくださったのです(星祭舎さん、ありがとうございました)。町の古本屋さんにしては店内も広く、そのなかに質量とも十分な本たちが工夫たっぷりに並べられています。棚の配置も、本の分類も、整理されすぎていないため、宝探しのような感覚が楽しめるのがミソ。とくに「棚に入れる本を減らさずに、いかに面出しするか」という課題から生まれた、ゴンドラならぬ「本ドラ」は一見の価値があります。あと、お店の近くを走る都電荒川線関連の書籍やグッズのコーナーもあり、ぼくも、一番人気だというゼンマイ仕掛けのおもちゃを買いました(動きがキュートなかわいい奴です)。

 ほかにも、十条での小さな映画会など盛りだくさんの連休でしたが、その辺りについては、ミカコが書いてくれたので省略しました。


<連休中の「稲垣書店がやってきた!」

 一箱古本市当日をはじめ、連休中はたくさんのお客さんがおみえになり、中山さんの本もこれまで以上に動きがありました。
 まずは、売れたものから(売れた順。署名本については、出版社、初版・重版の違い等を省略しました)。

『”ショック”世界旅行』川口浩(昭和46年日本テレビ 1,050円)
『日本シナリオ文学全集6 山中貞雄』(昭和31年理論社 2,100円)
『映画「八甲田山」の世界』橋本忍(2,625円帯 伊藤敏彦宛署名入)
『アメリカ映画史』双葉十三郎(9,450円帯 岩崎昶宛署名入)
『今日のアメリカ映画』 〃 (9,450円帯   〃    )
『夢と祈祷師』鈴木清順(平成3年北冬書房 840円 新版帯少汚れ)
 プレスシート『女であること』(昭和33年 8,400円 スタジオメール共3種一括)
   〃   『夜の流れ』(昭和35年 2,100円)
   〃   『女の中にいる他人』(昭和41年 2,100円)
『孤愁』鈴木清順(昭和55年北冬書房 525円 2刷函欠)
『映像の沖田総司』山根貞男(昭和50年新人物往来社 3,150円)
『日本の夜と霧』大島渚(昭和47年現代思潮社 3,150円 増補版函帯)
  +
『古本屋おやじ』3冊。

 売れてしまって残念なのは、まずプレスシート3点。『女が階段を上る時』のポスターの斜め下、額の中で微笑んだり澄ましたりしていた女優さんたちが居なくなってしまって、帳場からの眺めが少々さびしくなりました。そのなかで唯一売れ残った『浮雲』のパンフレット(昭和30年 20,000円)の行き場もなくなり、いったん店頭から下げました。現在、置き場を思案中。 

 あと、双葉十三郎さんの本2冊。双葉さんと言えば『ぼくの採点表』。瀬戸川猛資さんの手で出版されたトパーズプレス版を父親が買い揃えていたので、学生の頃は帰省中によくお世話になりました。ただ、思い入れのある1冊ということになると晶文社の『映画の学校』。もう20年近く前、旅の途中に京都の古本屋で買いました。

 夜行で朝方京都駅について、ふらふらと新京極辺りまでたどり着いたのですが、まだ本屋やレコード屋などどこも開いてなく、今思えばお寺にでも行けばよかったのですがそういう知恵も廻らず、途方に暮れたことを思い出します。そんななか最初にシャッターが上がった店で見つけたのがこの本。確か3500円で、当時の自分にとってはかなり高価だったのですが、熱烈に入れあげていた植草甚一さんの「その日最初に見つけたものをとりあえず買っておくと、その後掘り出し物に当たる」理論?を信じて買いました。そのおかげもあってか、午後になってコステロやスクイーズの珍しいシングル盤も見つかり、とても良い一日となりました。その前後の記憶はまったく抜け落ちているのに、この日のことだけはとてもよく憶えていて、結果的にはそれほど影響を受けなかった本なのですが、いまだ手放せず本棚で眠っています。

「長生きしていいことがあった映画評論家は、双葉さんだけじゃないかな」というのが、中山さんの双葉さん評。先日お店にみえた際、双葉さんの本の話になったときに、ぼくの印象に残った台詞です(ひょっとしたら、映画評論家の前に「あの年代の」という注釈がついていたかもしれません)。

 その他の本について。

 鈴木清順の特価本がやっと動きはじめました。上に挙げた2冊のほか、『花地獄』(平成8年北冬書房 420円 新版帯)もまだあります。サービス品以外の清順本ラインナップは下記。もうかれこれ3週間ほど、毎日高橋英樹の顔を見ながら働いています。

ポスター『けんかえれじい』(昭和41年日活 21,000円)
『けんかえれじい』(昭和45年三一書房 7,350円 元版初)
『夢と祈祷師』(昭和50年北冬書房 3,150円 元版初)
『孤愁』   (昭和55年  〃  5,250円 初函帯)
『まちづくし』(昭和57年  〃  4,200円 初帯)
草稿「戦争映画と女の顔」
(昭和52年 ペン書200字24枚 99,750円
 ・初出「映画芸術」清順ふうワイセツ論 )

 
 最後にひとつ、大事なことを忘れてました。ショー・ウインドウに飾っている小津安二郎の彩色絵入色紙(136,500円)に電話で注文が入り、売約済みとなりました。お買い上げいただく方の好意で、展示自体はもうしばらく続けます。この電話にはちょっと震えました。

(宮地)


コメントを書く

[すてきなギャラリーがオープンしました!]

本郷通りは東大正門、言問通寄り斜向い。元は、慶應書房。
正面のウインドウや造り付けの木の本棚を残しつつ、「ヴァリエテ本六」というギャラリーが生まれました。古書店としての長い年月が醸し出す深い味わいと、これから始まる「本六」の楽しい予感が溶け合った、なんとも羨ましい空間。
オーナーは高橋丁未子さん。
ぐるりと造り付けの棚に囲まれた奥の帳場の小部屋には、これから新古問わず本を並べていくそうです。
オープニングは5月27日まで、『N町』中里和人写真展です。

【中里和人公式サイト】http://www.nakazato.info/
【ヴァリエテ本六】文京区本郷6-25-14 03-3811-7466 12時〜19時 日・月休み


連休中あれこれ。
5日。
一箱古本市では大家さんとして参加してくださった、いろはに木工所さんへ、箸づくりのワークショップ。
頭の中に自分の作りたい形のお箸をイメージして、檜の角材をシュッ,シュッと削り出す。朝の10時から陽の差し込む、いろはにさんの普段はお店のスペースに作業台を置き、参加者が並んでシュッ,シュッ。通りがかりのご近所さんが声をかけてくのを聞きながらシュッ,シュッ。
至福の一時でございました。

三百人劇場で立ち上がれないくらいショッキングな『東京湾』を観た後は、池袋新文芸座へ『君と別れて』。わが町の弁士、坂本頼光さんの活弁を初体験。映画の進行とともに、坂本さんの台詞まわしもノッてきて、堪能しました。


6日。
「十条子どもイベント 小さな映画会」へ。
会場は十条銀座商店街ホール。アーケード街に面したリノリウムの細い階段を上がってく。商店街の活気と、そこから切り離されたような2階のホールというシチュエーションが沖縄のマチグァーのようでもあり。
上映作品は、アッバス・キアロスタミのデビュー作「パンと裏通り」、チェコのアニメーション、ヤロスラフ・ザフラドニーク「粘土」、ブジェチスラフ・ポヤル「飲みすぎた一杯」。子どもが飽きないようにと、4〜19分の短編3作。どれも秀作。合間に映写機の話や、映画のフィルムの話があり、フィルムに直接触ったりできて、いい企画だなと思いました。

で、夜は、冒頭の「ヴァリエテ本六」のオープニングパーティー。

(ミカコ)

コメントを書く

今年の一箱古本市。

来てくださったお客様、大家さん、店主さん、専従スタッフのみなさん、助っ人のみなさん、そして協賛企を打ち出して一緒に盛り上がってくださっているご近所の方々、ほんとうにありがとうございました。

少し時間をおいて、参加者の方々のブログを読みつつ、今こうしてパソコンに向かうと、今年の一箱古本市はほんとうにたくさんの方々の協力なしでは、成し得なかったイベントだったなぁとつくづく思います。

運営側の雨対策が不充分だったせいで、店主さん、専従の方、大家さんにはずいぶんと負担をおかけしてしまいました。
強い雨の中を廻ってきてくださったお客様には、お知らせのないまま中途での撤収となり、申し訳ありませんでした。

そんな中でも、いい出会いがあったり、思いがけない本を見つけたり、自分の本を手にするお客さまとお話ししたり、随所で笑顔が見られたことと、来年も参加したいといってくださっている方が何人もいらっしゃるのは、やってよかったし、励みになります。

特に今回、助っ人、専従スタッフとして参加してくださったみなさまには、感謝の念はつきません。準備から、当日のパニック、終了後まで、運営側を横から後ろから、時に前から、しっかりとささえてくださり、ほんとうにありがとうございました。


たのしい協賛企画は、まだ何か所かで開催中です。ぜひお出かけください。(遥かケニアのエンザロ村と、岩手県の遠野が、かまど繋がってた。びっくり。タムタム工房さんでわかりますよ。)


(ミカコ)

コメントを書く

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2006年 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ