!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2005年9月

まったくもって私的な話なのですが。
祖母が無事百歳を迎えましたので、敬意を込めてここに。

8月後半から体調を崩し入院。9月には病床にて軽い脳梗塞も起し、一時は食事もできなくなったのですが、驚異の回復。
誕生日は病院で先生、看護婦さんたちにハッピーバースデイ歌ってもらい、明けて今朝めでたく退院し家で鰻を食べたと、母から電話がありました。

さすが、おばあちゃん。明治の人です。
(ミカコ)

コメントを書く

すべりこみセーフ。
「不忍ブックストリートの50冊」は、冊子も帯も明日印刷。なんとか間に合いそう。
10月1日には往来堂正面に並びます。実行委員それぞれに選び抜いたお薦めの本です。どうぞ、お楽しみに。そして、買ってくださいね〜。

『サンパン』11号750円入荷しています。南陀楼綾繁さんの「小沢信男一代記」は9回目。
そして、南陀楼綾繁さん編著『チェコのマッチラベル』の出版を記念して作った、復刻マッチも好評発売中です。全部で6種類、表と裏で12柄楽しめます。
1個200円(税込)、6個セットは1000円(〃)です。プレゼントとしても、もらえたら嬉しいかも。

今週末から、谷中芸工展です。
ほうろうでは、1日(土)は3人のKによる詩の朗読会「3K10」を開催します。ご当地詩人、小森岳史もKのうちのひとりです。ほかの2Kは、カワグチタケシ、究極Q太郎。それぞれ強い個性を楽しめる朗読会です。是非、お運びください。入場無料です。
また、期間中は写真家古谷桂信の写真『マヤの人々』も店内に多数展示します。9日(日)にはご本人による講演会もあります。こちらも入場無料です。
詳しくは古書ほうろうのお知らせをご覧ください。

(ミカコ)

コメントを書く

『不忍ブックストリートの50冊」は、往来堂笈入さん指揮のもと、着々と進んでいます。
メンバーの選書コメントも集まり、もうすぐです。
笈入さんがブログ『往来堂 店長日誌」始めてます。

ほうろうは、帯レイアウトを担当。文庫サイズ、単行本サイズ、誰だよ、大きい本選んだの!とか云いつつ。

さて、もうひとつ、この深秋のお楽しみ。
水族館劇場北九州公演の前売券3500円、発売開始です1
詳細はお知らせ欄をご覧ください。
今公演は、馬2頭買って調教してます、とのこと。「力」入ってます。

格安航空券も手配できるようですので、ぶらり北九州の旅「水族館劇場」編、みんなで行きましょう!
お知らせ欄内の、水族館劇場HPに詳細あります。

(ミカコ)

コメントを書く

毎日が目まぐるしく、日々録は中途半端な下書きばかり書き散らし、アップ出来ずにずいぶんと過ぎてしまいました。

朝顔は先日12輪咲いたのが、この夏の最多。涼しくなってからの方が、ひとまわり小さくなったものの頑張ってる気がします。

今日は、スポーツの秋先取りで、ほうろうらしからぬ「近藤十四郎親子チーム対ほうろうチーム ドッジボール大会」in谷中墓地グラウンド。ほうろうチームは、守本さん(元球児)、小森くん、オヨちゃん、山の姪っ子ほーちゃん、ほうろうから山、神、宮の7人が参加。
結果は2−1で、なんと、ほうろうチームの勝ち。私は店開けに戻ってきてしまったので残念ながら、チームの勇姿は見られませんでしたが、賞品のセブンイレブンの400円アイス、抹茶味をご相伴にあずかりました。宮地は、腕に擦り傷、短パンの内股バックリ裂いて戻ってきました。


さて、告知をひとつ。

今秋は「不忍ブックストリートの50冊」と銘打って、実行委員会メンバーが新刊書をどーんと推薦いたします。
10月1日から31日までのひと月。場所は千駄木往来堂書店店頭です。
内澤さんにイラストをお願いして、帯も作りますし、それぞれの推薦文などを載せた小冊子も作成中。
今はまさに推薦文締切目前で、字数と格闘中です。

みなさま、どうぞお楽しみに!

(ミカコ)


コメントを書く

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2005年 12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ