!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2005年12月
No.1025  2005年12月7日(水)

「今日はサッカーの話」

 早番で出勤。お昼過ぎ、近所に住む初老のおじさんに出張買取りを依頼されたのですが、約束の時間に行ってみたらお留守で拍子抜け。30年以上前の漫画の初版本が大量という触れ込みで『赤き血のイレブン』もあるとのことだったのですが、ただ、そのおじさん、最初お店に見えたときからやや酩酊状態で、こんなこともあるかなあとは思ってはいました。でも残念。
 
 19時過ぎに自宅に戻り、テレビでサッカー。ヴァンフォーレ甲府と柏レイソルによるJ1J2入替戦。完全に甲府に肩入れして観戦しました。なぜなら甲府にはFWのバレーがいるので。

 バレーは去年まで大宮アルディージャに在籍し、喜びも悲しみもともに分ちあった選手です。ロナウドを彷彿とさせるスピードある突進で相手ディフェンダーを振り切るも、放たれる強烈なシュートはいつもバーのはるか上、というプレー・スタイルながら、人柄もよく、多くのアルディージャ・サポーターに愛されていました。きっと外すとわかっていても、彼が前を向いてボールを持ちドリブルをはじめると、僕たちの心は沸き立ち、「バレー、バレー」と叫ばずにいられないのです。

 そんなバレーの晴れ舞台は、期待通りの素晴らしい試合となりました。今年の甲府の試合を観るのはこれがはじめてだったのですが、大宮とはまったく違う魅力的な攻撃サッカーで、特にゴールに迫っての怒濤の波状攻撃は見応えがありました。バレーも相変わらずシュートミスこそ目立ちましたが、殊勲の逆転ゴールは見事でしたし、同点ゴールをアシストした頭での折り返しなど、去年までとはひと味違ったプレーもあり、この一年間での進化を見せてくれました(試合後のインタビューはここで。)。土曜日に柏で行われる第2戦でもぜひ結果を出し、来年は大宮との試合で会いたいな。

 というわけで、サッカー・ファンのみなさん。チャンピオンズ・リーグもいいですが、Jリーグの入替戦も面白いですよ。スカパーに入っている方は、土曜日はぜひバレーの勇姿を見てやってください。

 せっかくなので、われらが大宮アルディージャのこともちょっとだけ。

 J1昇格初年度は、13位でなんとか残留できました。ひとつだけ自慢できることがあるとすれば、優勝したガンバ大阪に2回とも勝ったこと。1点も取られなかったのは、うちのチームだけです。全部で18試合観にいったなかのベスト・ゲームは、大宮公園サッカー場で行われたそのガンバとの一戦と、あと柏での残留をかけた大一番。この試合で藤本が放った、それはそれは美しいループ・シュートがベスト・ゴールです(サポーターの方による面白い観戦記があるので、よかったらそちらも読んでみてください。近藤唯之さんへの愛の感じられる文章で、野球もサッカーも好きという人には楽しめると思います)。ホームの大宮公園が改修でまったく使えない来年は、今年以上に厳しいシーズンになりそうですが、なんとか踏みとどまってくれるよう、引き続きがんばって応援します。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2005年 12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ