!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2005年1月
No.938  2005年1月19日(水)

 あれは、確かにタヌキ。顔の真ん中が黒かったし、体の肉付きがいいせいもあるのか、足の動きや胴とのバランスは、猫ではなくしいていえば豚に似ていた。それとも、二人して化かされてしまったんだろうか。

「地下室の古書展」で、書肆アクセスの畠中さんが「これ面白いですよ」と仰ってた『harappa』03号(特集は他人と暮らす)という雑誌を、昨日の休憩中に読み始めたら、一気に読んでしまった。
 特集のメイン記事は、高知にある建築素人の夫婦が建てたという、いろいろな意味で規格外、その筋では有名な「沢田マンション」だった。以前に、情報センター出版局の『沢田マンション物語』古庄弘枝/著という本を、パラパラと拾い読みしたことがあり、二階まで車で上がれるスロープがあるなどの、実際に見てみないと理解しがたいような造りも興味深かったが、共用廊下側に掃出しの窓が付けられていて、外から家の中がまる見えになってしまうところとか、人が通るところに洗濯物を干すというような、内と外との境界の曖昧さ、長屋っぽさがあるというようなことが印象に残っていた。
 今は、従来の住人の他に、20代後半から30代前半ぐらいの若い世代が入居し、彼らが中心となって内外に向けて新しいコミュニティ形成を模索しているようだ。
 こういうのって楽しそうだけど実際に暮らすにはしんどくないだろうか、と思いながら読んでいたが、わりとみんな冷静な目も持っていているようだ。若い頃に、何かの縁が繋がって転がってこういうところに行き着いたら面白いかもしれない。
「代々木公園テント村」で暮らしている、小川てつオという人のインタビューもおもしろかった。

 店をやっていていいと思うのは、友だちや知合いが、アポなしでそれぞれのペースでふらりと寄ってくれることだ。

(ミカコ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2005年 12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ