!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2005年1月
No.937  2005年1月18日(火)

定休日、ミーティング。狸坂にタヌキ。

棚の大変革に向けて、先月に続き第2歩目。
連係プレイで漫画が1棚減り、酒食の棚を1棚増やした。来月の更なる移動に向けての応急処置で、今回は競馬の棚が漫画の棚の奥突き当りへ。ひと月の間ちょっと変。

記載が遅くなってしまいましたが、『酒とつまみ』第6号(税込み 400円)入荷しています。巻頭特集(1)は「第一回へベリンピック堂々開催!!」、特集(2)は、7時間耐久立ち飲みマラソン<後編>」です。「集団的押し掛けインタビュー」は、重松清。南陀楼綾繁さんの連載「古本屋発、居酒屋行き」もあります。今回は立石。
ハァ、ハァ・・・。なんか、酔っぱらってきた。オモシロいから、ちょっとずつ読むのだ。

で、「酒食」の棚が2棚になったので、『酒とつまみ』にからめてちょっとだけですが、酒飲みの本を出しました。

夕食は、近くの「tono」へ。今の私たちにはちょっと贅沢なのだが、美味しいからいいのだ。ゴルゴンゾーラのリゾットと、ケイパーとオリーブの入ったトマトソースのパスタ、各大盛りと、シーザースサラダ。もう一度書くけど、美味しいのだ。「食」の棚をいじるための自己投資だ。しかし今夜は仕事の合間なので、ワインなし。でも、ほんとうはここのお店は、ワインから日本酒までアルコールも選りすぐりが置かれているのだ。まさに今日は「酒」の棚もいじってるのだが、グラス一杯でも寝てしまいそうなので、我慢。なんてストイックなんだろう、自分。
戻ってから本格的に棚の構成を始め、のんびり仕事してたら遅くなった。

帰り道、人気のない狸坂を宮地と自転車押してのぼってたら、狸が、走ってきた。いやいや、ほんとに。太った猫じゃなくて。
深夜だから、気を抜いて飛び出したら人がいた。あ、ヤバっ、と、道路を横切ろうとして、やっぱりやめて、近くのマンションの蛇腹式の門に思いっきり体をぶつけながら、無理無理に隙間をくぐり抜け、奥の茂みに入った後も、何してんのさ、というくらいガサゴソと大きな音をたてていなすった。いるんだねぇ、狸。

(ミカコ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2005年 12月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ
こういち2005年1月19日(水) 20時25分
千駄木ですよね。いるんだ、タヌキ。いるのかなあ。
長いコメントは省略して表示しています。このページのコメントを全部読む