!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2004年10月
No.903  2004年10月25日(月)

来年のまだまだ先の話だが、内澤旬子さんに本づくりのワークショップをやりましょうという話をしている。今日は午後、その打合せを兼ねて、谷中のしごとばに伺った。折本、糸綴じ、アルバムの鋲綴じ、裏打ちをしない布装、革装の豆本など、いろいろ見せてもらい、その中から、せっかくなので糸綴じの革装でいきましょうということに。素人でもできる革装の豆本。今年中に、素人代表として宮地と私が体験受講してみて、かかる時間などの目処をたてる。
そうそう、見せてもらった中に鰻の皮があった。香ばしい蒲焼きからは想像できない、裏を返せばスエード調に毛羽立ち、それはれっきとした皮なのだった。

豊原エスさんの詩集最新作、入荷しました。新入荷横の棚にあります。
豊原エス/足田メロウ
『空を見上げる』840円(税込み)

自分で思うに「空を見上げる」は「裏・歌いながら生きていく」です。ファンシー度はゼロ。メロウ氏の気の狂ったような絵が最高ですよ!実は三年前に完成していたのですが、訳あってお蔵入りになっていたのをこの度再編集して自費出版しました。憧れの新書サイズ。(HPより引用)

夜は店で山崎のラジオを借りて、日本シリーズ。
え゛ーーーッ、いきなりですかーーーッ、と初っ端から凄まじい負けっぷりで、聴くのも辛い。家で観戦中の宮地はさぞや。
「五十年お化け」に名古屋ドームはすっかり飲み込まれちまったようで。
私でさえ、これはちょっとエネルギーのやり場に困ってしまったのだから、生粋のドラゴンズ育ちらの心中は察するに余ある。
ま、来年は8年ぶりくらいってことで、ファン共々暗示にかかっていこうじゃないですか。

遅番終わって晩ごはん作る気力もなく、鬱々とした空気を撒きちらしながら、小奈やさんへ。
あったけぇ牛スジ焼きが腹に滲みた夜でした。

(ミカコ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2004年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ