!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2004年10月
No.890  2004年10月9日(土)

 台風。

 15時前、まず雨が激しくなり、出勤見合わせ。結局、店の方はいったん閉めることにし、中番で出勤していたミカコも16時過ぎに帰宅。自宅で遅めの昼食を取りながら、テレビの台風情報を眺めることに。その後のことはみなさんご存知でしょう。

 雨も止み吹き返しもなさそうなので、再び店を開けることにし、20時ちょっと前に出勤。開店するとすぐにご近所の名賀さんがみえて、「水、入んなかった?」と訊かれ、びっくり。何でも、うちの店の2軒ほど上野より辺りまでは、家や店のなかに水が入ってきたとのこと。そういう可能性などまったく考慮せず、雑誌の入ったカゴや、預かりの段ボール箱(良い本がたくさん入っている)など、入口付近に置き放しだったので、肝が冷えました。

 その後の3時間はのんびりと店番。お客さんもぼちぼちとみえ、しかもみな「やってて当然」という雰囲気なので、まあ開けて良かったです。売上げはそれほどありませんでしたけど。品出しは下記のものなどです。

 中公文庫『江戸の夕栄え』鹿島萬兵衛 1050円 初
 新潮文庫『堀辰雄 妻への手紙』堀多恵子 編 840円 初帯
 新潮文庫『時間』堀田善衛 525円 B帯
 新潮文庫『地獄の花・夢の女』 525円 B帯
 角川文庫『井原西鶴』武者小路実篤 1050円 帯

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2004年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ