!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2004年2月
No.792  2004年2月10日(火)

日本人はほんとに世界中から食べさせてもらってるんですね。二度と鎖国なんてできません。世界中から日本に運ばれてくる食べ物のうち、一部はきっと飢えて死にそうな人たちの頭の上を素通りしてきてるのでしょう。
そんなふうに輸入した食べ物のうち、ちゃんと私たちの口に入るのは何パーセントぐらいなのでしょう。残飯やら、賞味期限切れやらで処分されてしまう量で、小さな国の飢えは救えるくらいあるかもしれないと思うと、ぞっとします。
(ミカコ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2004年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ