!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2003年9月
No.715  2003年9月16日(火)

 定休日。ミーティング、個々の作業。棚卸しの続きの裏の在庫の計算など。

 看板を作ろうか・・・、と思っている。ろくな看板を出さずにもう5年が経ってしまっている。
 ひと月ほど前、初めて来てくれたらしいお二人連れのお客さんが、店を気に入ってくれた様子で(このような時はたとえ買い物をしなくても、そんな空気が伝わってきて嬉しいものです)、店を出てから歩きはじめたのに戻ってきて、何やらキョロキョロされていた。
 わざわざ、外に飛び出して声を掛けるのもはばかられ、為す術なくレジから見守っていたことがあったのだ。

 今の入口の看板は前の店子のもので、とりあえず店名だけは剥がしたものの、撤去の費用もままならず、洒落でバナナのマークを残したままとなっている。立て看板は、こちらも「たばこ」「魚・野菜」のままにしておいたら大家さんが「古本」に直してくれた。(店の名前が「古本」だと勘違いされている、という噂もある。)

 で、取り急ぎ、営業中に外に出しているラティス付きの鉢に引っ掛けるのを作ろうと、あれこれ板っ切れを引っぱり出していたら、いつの間にか彫刻沙汰になり、大ごとになってしまった。
 無計画に生き、筋肉痛だけが残る一日。

(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2003年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ