!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2003年8月
No.701  2003年8月22日(金)

 千晴ちゃんの朝顔、やっと夏空の下で一輪咲く。白。

 アスファルトが灼けるにおい、まとわりつくような排気ガスのにおい、日焼け止めのにおい、プールの消毒のにおい、溶けそうなほど熱くなった人工芝のビニールのにおい、本物の芝生の土と草のにおい、太陽に洗われて何もかも色褪せた日向のにおい。
 夏の陽射しには、いろんなにおいが含まれていて、自分の中に眠る遠い記憶を呼び覚す。ぷちっとはじけたその記憶が、旅のものだったのか、子供の頃のものなのか、鼻先に残ったにおいが消えないうちに、記憶の糸を切らないようにそおっと手繰り寄せる。細い細い糸の先の記憶は、見えそうでなかなか見えない。けれどその太陽のもたらした記憶の中に、確実に存在していた自分がいる。
 店までの自転車でほんの数分の道のりを、そんなことを繰り返しながら、ずいぶん遠くまで旅している。

 本日の品出しから。

平凡社『ベトナムロード』 石川文洋 1200円
集英社『バリ島の日々』 宮内勝典 B 1000円(カバー傷み)
情報センター出版局『全・東京湾』 中村征夫 800円
平凡社 雑誌『太陽』'94.4 特集:沖縄を食べつくす B 800円(表紙キズ小)

(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2003年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ