!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2003年8月
No.684  2003年8月5日(火)

 休日。小石川図書館でレコードを聴いたり、ライナー・ノーツを読んだりして過ごしました。現在、文京区立各図書館のアナログ盤はすべて小石川に移動中のようで、本駒込からは消えちゃいました。一日使ってまとめて聴くには便利ですが、一抹の寂しさもあります。

 7月半ばくらいから、60年代後半から70年代初頭にかけてのフリー・ジャズの復習を始めて、あれこれ買ったり借りたりしているのですが、今日もその一環。ここ2週間くらいは、1968年に発足して短期間に多くの重要な吹き込みを行ったフランスのレーベル「BYG」のactuel シリーズが興味の的。アート・アンサンブル・オブ・シカゴだとか、アンソニー・ブラクストンだとかをまとめて聴きました。このレーベル、愛聴盤であるドン・チェリーの『MU』以外はあまりよく知らなかったのですが、やはり平行して再読している植草甚一さんの本にあてられ、「どうしても聴かねば」という気持ちにさせられちゃったのですね。ちょっと頭クラクラしますけど、良いですよ。しかし、あの時代の外国の雑誌記事やミュージシャンのインタビューを今こうして読むことが出来るのは、ホント植草さんのおかげなわけで、あらためて感謝の気持ちが募ります。

 夕方、凄まじい雷雨の中、びしょ濡れになって自転車を飛ばし帰宅。普通に考えたらあまり歓迎できることではないのですが、妙に楽しく、「ああ夏休みだなあ」と、バカみたいにひとり盛り上がってしまいました。

 夜はアオキと渋谷シネマ・ソサエティへ。ようやく『沙羅双樹』を観ることができました。お薦めします。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2003年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ