!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2003年6月
No.650  2003年6月16日(月)

 本を持つ腕をまっすぐ前に伸ばし、小学生が教科書が読む時みたいに大きな声でちょっぴり得意げに読み上げる、おかっぱ頭の女の子。
 なぜだかそんな姿が思い浮かぶ。自分自身がそうなっているのかもしれないし、ひょっとしたら上野の水上音楽堂の舞台の真ん中にいたエスさん本人なのかもしれない。
 
 豊原エスさんの五冊目の詩集『歌いながら生きていく』が、何日か前に入荷した。
 
 フランス装でモノクロのデザインは、いつもはおてんばなおかっぱ頭の女の子がワンピースで登場してきたみたい。幼なじみのソータは、ドキッとして、顔を赤くして、アッカンベーして降参だ。

 とりとめもなく、詩の内容とも関係なく、そんな風な景色が浮かんでくるのも、エスさんの魅力なんだと思う。

『うた』『ホイッスル』に続く足田メロウさんの挿画もこの装幀の中でうれしそうに息をしているのが、耳を澄ますと聞こえてくる。

青幻社『歌いながら生きていく』 詩 豊原エス  画 足田メロウ 1,000円  

(アオキ)


最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2003年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ