!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2003年1月
No.561  2003年1月23日(木)

 1987年から1993年までの『レコード・コレクターズ』を値下げしました。

 これまで、「買ってくれなくても良いです」あるいは「お願いだがら買わないで」といった値段だったのを(1冊2000円〜2500円。まれに3000円のものも)、「気に入ったのがあれば買ってください」ぐらい(上限1500円)にしました。従来の値段は、基本的に「こういうものを高く買います」というデモンストレーションとしての設定だったのですが(同時に、誰の特集の号にいくら付けるかによって、スタッフの音楽の嗜好を表現しようともしていましたが)、かなり認知されてきたような気がするので、妥当な値段にすることにしました。
 また、これまでは劣化を避けるためビニールに入れて封をしていたのですが、封をするのを止めて、自由に中が見られるようにしました。値下げしたとはいえ、そうすぐに売れていくとも思えませんので、レコードやCDのことで何か調べたいことがある時などは、お気軽にほうろうまでどうぞ。大事に扱ってさえいただければ、大歓迎です。椅子もあることですしね。

 この時代の、まだ『レココレ』などと呼ばれていなかった頃の『レコード・コレクターズ』は、本当に素晴らしい雑誌で、個人的にも思い入れがあります。もちろん今も良い雑誌ですが、当時は今ほどロック偏重でなく、黒人音楽や民族音楽への目配りも行き届いていました。特集が「デヴィッド・ボウイ」でも、第2特集が「アルセニオ・ロドリゲス」だったりというふうに。連載も、野口久光の「私とジャズ」や浜田滋郎の「アタウアルパ・ユパンキのレコード」に代表されるような資料的価値の高いものが多く、たとえその時興味がなくても、数年後、あるいは10年後に重宝することとなりました(池田圭「器辺の響」のように、いまだに読む機会のないものもありますけど)。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2003年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ