!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2002年12月
No.545  2002年12月27日(金)

 買い取りで入ってきた『つげ義春日記』(講談社)を、ちょっとだけのつもりでパラパラやっていたら、止まらなくなっちゃいました。仕事にならないので、いったん持って帰ることに決定。その暗さ、妄想の果てしなさが魅力です。読み終わったら出すつもり(正月明けの予定)。

 品出しの目玉は、

 徳間書店 『チューサン階級ノトモ』 1200円 B(初版・帯付き)

 70年代の『宝島』での連載をまとめたもの。象徴・嵐山光三郎、美術部長・安西水丸、社主・渦巻竜三郎、情宣課長・糸井重里、社友・宇崎竜童、湯村輝彦。最近はあまりお目にかかれなくなった、遊び心溢れる本。気合いの入ったバカバカしさが最高です。熱烈推薦。

(宮地)


最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2002年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ