!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2002年12月
No.529  2002年12月6日(金)

 トム・ラブランク朗読会。

 ここしばらく、イベントごとをしていなかったので、久しぶりの棚移動。チョチョイのチョイで済むはずが、思いのほか時間がかかり、結局トムさんが到着した時にも、まだ終わりきらず。もう若くはないのだ。少なくとも体は。

 さて、本番。前半はトムさん単独での詩の朗読、3篇。1篇ごとに司会の室矢憲治さんによる簡単な訳が付く。時おり、ふたりの対話。室矢さんの朗読も1篇あって後、『Eagle Talk』より「In de Screet 」を試聴。たとえば広瀬隆の『東京に原発を』に込められていたような主張が、もっとスマートに、より皮肉たっぷりに、表現されているうた。
 後半、『Eagle Talk』で共演している山口洋さん、細海魚さんも登場。「Song of the Revolution」「Cide」「Oneness」の3曲。ふたりの奏でるギターとアコーディオンと、トムさんの深く力強い声による言葉とが、ぶつかり、からまり、ひとつになる。そして最後にもう1曲、室矢さんの呼びかけで、即興によるスポークン・ワーズ。
 すべてがあっという間に終わってしまったけれど、あの場に居合わせた人たちに、きっと魂は届いたはず。ピース。

(宮地)

追記
 開演前、そして終演後には、僕たちスタッフの未熟さゆえの準備不足で、来場された方々にはご迷惑をおかけしました。この場を借りて、お詫びします。

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2002年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ