!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2002年4月
No.378  2002年4月25日(木)

 昨日、『彷書月刊』の最新号が送られてきました。

 この雑誌は、世間一般にはあまり認知されていないかもしれませんが、ユニークな特集と古書店の目録を中心に据えた「古本と古本屋さん、すべての本を愛する方のための情報誌」です。3年ほど前から定期講読をして4人で回し読みしていたのですが、「どうせだったら店にも置こう」ということになり、今年からは委託での販売も始めました。1冊600円です。「そんな雑誌知らない」という人も、是非一度手に取ってみてください。

 さて、 通巻200号となる今回の特集は「古本のへそ」。坪内祐三、河内紀、坂崎重盛、岡崎武志の4氏が、それぞれ限られた予算(2000円、4000円、6000円、8000円。くじで決定。)のなかで思い思いに古本を買い、それを披露しながら宴会をするという座談会、「がっちり買いまショー」をはじめ、盛り沢山の内容です。個人的には、アンケート「お気に入りの古書店・古書目録」で、「千駄木の古書ほうろう」を挙げてくださった方がいたことに、感激しました。こういうのは本当に励みになります。おかげで今日はもりもり働けました。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2002年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ