!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2002年4月
No.361  2002年4月7日(日)

 2、3日前に売れ筋のマンガ(『北斗の拳』『ナニワ金融道』の全巻など)を売りに来てくれた50代くらいのおじさんが今日も来店。前回は『課長島耕作』が全巻に一冊足りなかったのですが、それを探して持ってきてくれたのです。その時の話。

「この前さ、マスターがないって言ってたのがあったよ」
 
 マスター!
 いやはや。
 この仕事を初めてかれこれ7年近く。「ご主人」だの「社長」だの「店長」だの、いろいろな呼ばれ方をしてきましたが、「マスター」というのは初めての体験。一瞬固まってしまいました。「マスター」じゃ、何だか『失恋レストラン』みたいだなと思い、ちょっと凹みました(小学生の頃、自分と同じ「健太郎」という名前の歌手が一躍脚光を浴びた時の、何とも言えない居心地の悪さを思い出しましたね)。まあ、「社長」よりはいいけど。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2002年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ