!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年10月
No.205  2001年10月16日(火)

 今日は食わない話。
定休日なので、シャッターを下ろした店内でミーティングと在庫の整理、そして税理士さんとの打合わせ。
 税理士さんが作ってくれた決算報告書を前に一同無言。
「ほんとに、どこも悪いんだよね。」という税理士さんの一言に、「他も悪いんなら安心だ。」と開き直ると 「いや、だからそうじゃなくって・・・。」

 バブルの最後のアブクを一社会人として体験した私としては、「仕掛けない、仕掛けない、今の世の中、地道が一番」と、静かに誓う今日この頃でありますが・・・

 
 話変って、やっぱり食う話。しつこいようだけど‘ホッキ貝’のおまけの話。
 実は、おとといあの日々録を書いていた時、私の頭の中ではホッキ貝が何故だかすっかり‘トリ貝’にすり替っていた。当然トリ貝の鮮明な絵とともに。
 書き終った日々録を、たまたま覗き込んだ宮地がギョッとして「おまえ、トリ貝じゃなくて、ホッキ貝だよ。家で食べたのはね、‘ホッキ貝’。」と指摘した。
 私はいったい何を食べたのか?ホッキ貝に憶えがない。混乱は秋の空とともに深まるばかり。
(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ