!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年8月
No.150  2001年8月17日(金)

 何日か前の話。

 レジに文庫本を持ってみえた女性に突然「これは150バーツなんですか?」と訊かれ驚きました。確かにその本には「150 B」という表記が・・・。でも、バーツじゃないのです。

 ほうろうでは本の値段を最終ページの右上に書いているのですが、状態の良くないものに関してはその傷みや汚れに応じてB、BC、Cという英字を併記しています。例えば本来200円の文庫本でカバーに少し破れがあるといった場合は「150 B」、さらにヤケていてシミもあるとなると「100 C」となります。これは基本的には店員同士の符牒で、「この本、ここんところ破けているし、ちょっとまからない?」というお客さんの問いかけに対して、「申し訳ありませんが、その破れを考慮に入れての値段ですので出来かねます」あるいは「そうですね、じゃあおまけして300円でいいですよ」といった判断をするのに役立っています。
 こういう表記はもともと中古レコード屋のもので、古本屋でやっているところは見かけない気もしますが、お店を始めた頃の仲間に元中古盤屋店員がいたこと、また僕自身も古本屋以上にレコード屋に通っていた時期が長かったこともあって、気がついたらほうろうでは定着していたのでした。知らなくてもまったく損はしませんが、よろしければお買い上げの際の参考にしてください。

 さて、夏のセールも残すところあと10日ばかり。人文科学系の棚でも放出を開始しましたし、特にセールと銘打っていない棚の本もどんどん300円や100円の均一棚に移動しています。お見逃しなきよう。
(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ