!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年8月
No.148  2001年8月15日(水)

 学生時代からの友人が店を訪ねてきてくれた。
 社会人になって間もない頃、関西から船で安く行けるというので彼女と韓国の釜山に行ったことがある。
 バス停で待つわたしたちが日本人とわかると、次々に老人たちが寄って来て日本語で話しかけてきた。彼らはみな日本語を懐かしむようにニコニコしながら上手に話した。それは旅先で現地の人たちと過ごす楽しいひとときであったが、過去に日本が彼らの言葉を奪った事実を目の当たりにした思いで、わたしたちは愕然とした。
 日本に対して様々な感情があることを心配していたが、短い旅のあいだ、活気に満ちた港町でわたしたちは多くの人に親切にしてもらった。
(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ