!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年8月
No.138  2001年8月5日(日)

 涼しいとお客さんがたくさん来てくれるので、楽しく仕事が出来ます。

 昨年の暮、『ウォーター・マガジン』を出しているサンライト・ラボという出版社が企画している朗読会に、宮地とふたりで出掛けました。そこは、毎週サンライト・ラボが開いている「文章を書く、人に伝える」などをテーマにしたワークショップに参加している人たちの、発表の場でもあります。
 そこで出会った人たちが、うちの店にも来てくれるようになりました。

 今日もひとり来てくれました。自分で作った2冊の本を携えて。
 その2冊には、彼女の純粋でまっすぐな視線で物事の真実を捉えようとする姿があった。1冊めには日常のこと、子どもの頃のこと。2冊めは「バングラディシュ紀行」と題されまるごと1冊、バングラディシュが詰まっていた。「アジアが好きなんです。」と言う彼女の文章を、気が付くと夢中で追っていた。
 旅先で、飾らず、ひたむきに生きる人たちに出会い、無性に愛おしさを感じる。わたしにも同じように大切にしている経験があり、その時自分のなかに芽生えたあたたかな感情は、今でもはっきり憶えているし、確実に生き続けている。
 
 彼女の澄んだ文章が、自分の旅での様々なことを思い出させ、また何となく引っかかりがあるけど、そのままにしてきた日々のことを気付かせてくれました。
(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ