!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年4月
No.19  2001年4月8日(日)

今日はいい天気。
ほうろうは開店からずっとお客さんが絶えず(守本さんも御来店、ありがとうございます)、なんだか活気のみなぎる日曜だった。

活気がみなぎるといえば、今日は湯島聖堂の楽市楽座が最終日だったけど、きっとにぎわったんだろうな。行きたかったな。朝寝坊を後悔。
うち(谷中)から自転車でちゃっと行けて、しかもあんなに気持ちのいい場所でフリーマーケットやフリーコンサートなんてさ、(あとルヴアンのパンも食べられて、)いつまでもあると思ってちゃいけなかったんだ。(神)



楽市楽座の件はほんとに残念。湯島聖堂という場に集まってくるあの独特の“気”がたまらなく心地よかったので、あの場所ではもうないのかと思うとかなりへこむ。いやへこむのは今日で最後というのを前々から知りつつうっかり寝過ごしてしまったこと。午前中、店を開ける前にちょっとでも行っておこうと思っていたのに。駄目ですなぁ。
アースガーデンさん、早く次のいい場に出会わせてください。

今日は詩人のカワグチタケシさん御来店。本を売りにはこれがはじめてになるのかな。
カワグチさんがほうろうに遊びに来る時はなぜだかいつもお客の多いときで、いつもお忙しそうですねなどと思われがちだがさにあらず。ひとにはやけに人を呼びこむ時期があったりするが、たとえば空いてると思ったキャッシュ・ディスペンサーでお金をおろして振り返ると行列ができてたり、競馬場で昔の知り合いに偶然出くわし一緒の当たり馬券を握りしめてたり。カワグチさんの場合それが慢性的にあるような方なのだと思う。うちではカワグチさんがお客を連れてくると表現している。このようなひとには人を惹き付ける力があると思うわけだがそれはリーディングを何度か拝見して確信にいたる。このひととともだちになりたい。そう思わせるお方です。
さて、持って来られた本はというと中々というかやっぱりというか実にうち好みの本たちで、その詳細をここに紹介したくて打ち込み始めたのだが考えてみるとそれは人のプライバシーを暴露することだと気付いてやめました。
終 (山)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ