!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年3月
No.6  2001年3月26日(月)

人が人を呼ぶとよくいうけれど、古本屋の場合、買取りが買取りを呼ぶのです。不思議なくらいに。ふと外を見ると、両手に重たそうな紙袋をもった人が近付いてくる。(あ、買取りだ)と思って、机の上を片づけながらもう一度外を見ると、その人が入口のドアを押し開けてるそのすぐ後ろに、今度は重たそうな段ボールを抱えた人がドアが開くのを待っている。その前までは、あんなに暇だったのに。多い時は4件も5件も重なることがあって、慌てます。今日は、2件続きが2回ありました。なんでかなぁ。

おまけ。今日の聞き違い。
セールスの電話を受けていた宮地が、突然大きな声で「えぇーっ?金の地鶏ですかぁ?」
ほんとは、金の地金らしい。(ア)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ