!新谷根千ねっとはコチラ!

情報トピックス

町の話題、イベント情報などをお知らせします。※掲載情報に関するお問合せは各トピックに掲載の問合せ先にお願いします。谷根千工房及び谷根千ねっとでは対応できません。あしからずご了承ください。
現在の情報トピックス一覧へ 2006年02月の一覧
本郷クラブ 二月例会 田坂 昂 ロシア・ナロードニキと近代日本
2006年2月4日(土曜日)
本郷クラブ(事務局)
 文京区本郷2―16―9 スマイル企画内
 電話 3812―6060/FAX 3812―6854
◎と き/2006年2月4日(土) 午後2時から9時
◎ところ/文京区民センター(2B)
     電話 3814―6731
     交通 地下鉄丸の内線・後楽園駅
     都営地下鉄・春日駅下車
◎講話者/田坂 昂(文芸評論家)――テキスト配布――
◎講 話/ロシア・ナロードニキと近代日本
◎会 費/1000円(会後、懇親会あり 食事飲物付。別途1000円)

※リード文
 ナロードニキとは? 石川啄木の詩にも「ヴ・ナロード」(人民のなかへ)という言葉が出てくるが、その合言葉のもとに19世紀後半のロシアの革命運動の推進者たちがナロードニキ(人民主義者)。明治時代の日本では虚無党――それはツルゲーネフの小説にもとづいて西欧でニヒリストし呼ばれた、その訳語。虚無党文献は明治の自由民権運動、幸徳秋水のへい民社大逆事件、大正時代のアナーキスト大杉栄やギロチン社問題などに大きな影響を及ぼした。にもかかわらず忘却されている。もういちど想起し検討し直してみよう。

※講和者プロフィール
 主として戦後文学に関する文芸評論を執筆。今回の講演テーマに関連する執筆記事と翻訳書だけを挙げておけば――
◎「ナロードニキと明治日本」(『現代の眼』75年5月号)
◎「テロルの軌跡―明治から大正への変貌」(『現代の眼』76年9月号)
◎「ロシア・ナロードニキが現代に問いかけるもの」(『テーゼ』2号81年4月)
■訳書
◎ロシア・ナロードニキ運動資料集機愎楊韻里覆へ』(76年1月、新泉社)
◎ロシア・ナロードニキ運動資料集供悒謄蹈襪伴由』(76年7月、新泉社)
◎ヴェーラ・フィグネル『遙かなる革命―ロシア・ナロードニキの回想』(80年5月、批評社)


※主催/本郷クラブ(事務局)
 文京区本郷2―16―9 スマイル企画内
 電話 3812―6060/FAX 3812―6854
ページトップへ