!新谷根千ねっとはコチラ!

情報トピックス

町の話題、イベント情報などをお知らせします。※掲載情報に関するお問合せは各トピックに掲載の問合せ先にお願いします。谷根千工房及び谷根千ねっとでは対応できません。あしからずご了承ください。
現在の情報トピックス一覧へ 2005年12月の一覧
本郷クラブ十二月例会
2005年12月3日(土曜日)
本郷クラブ
●タイトル
「食育」の原理を考える

◎と き/12月3日(土) 午後6時〜9時
◎ところ/文京区民センター(3D)
     電話 3814―6731
     交通 地下鉄丸の内線・後楽園駅
        都営地下鉄・春日駅下車
◎講話者/加藤嘉昭(健康・薬事評論家)
◎講 話/「食育」の原理を考える ―テキスト資料―
◎会 費/1000円(会後、懇親会あり。別途1000円)

※リード文
 十六世紀初頭の朝鮮王朝時代を舞台にした韓国テレビドラマ『チャングムの誓い(原題「大長今」)』は、王の主治医まで上りつめた女性チャングムの物語だが、まさに医食同源・食薬一如の韓方や食事(餌)療法とハリ(鍼)療法を私たちに再認識させるドラマでもあった。これらの療法は、近年アメリカで起こっている、西洋近代医学に代わり補完する「補完代替医療」として再評価の対象にも含まれている。
 翻って日本の現状を見ると「食育」が騒がれる昨今だが、医学と栄養学を乖離させたままに始まった日本の近代化は、西洋医学による漢方の駆逐であり、カロリー栄養学の導入であった。そして戦後の食の欧米化である。「食育基本法」が成立した今こそ、日本の食文化と近代栄養学の問題点を考えておきたい。

※講和者プロフィール
健康。薬事評論家、薬事法問題研究会コーディネーター
著作に、共著『食の原点と関係法規』(昭和59年7月、東洋医学舎刊)
編著『縫康食品・自然食品ガイド』(昭和61年4月、自由国民社刊)
解説『米国栄養補助食品健康・教育法解説マニュアル』(1995年3月、ヘルスヒジネスマガジン社)
通信教育テキスト『食と健康の関連法規´↓』(平成15年8月|平成17年10月)(日本綜合医学会・食養学院)、ほか。
ページトップへ