!新谷根千ねっとはコチラ!

古書ほうろうからのお知らせ

書家 北村宗介「書法現場展ライブ」3/15(日)15時〜
2009年2月22日(日曜日)公開
宗介の書法現場展ライブ
ー 筆と紙の接点のドラマ ー

筆の特性と書線の有機的関係を、古典の臨書による、雄弁な姿のライブ。
ゆったり、紙背に透徹する書表現をお楽しみください。

日時 2009年3月15日(日)
   15時〜17時

場所 古書ほうろう 奥スペース

料金 1,500円 *飲み物(アルコール)持込み可

お問合せ 古書ほうろうまで 03-3824-3388 東京都文京区千駄木3-25-5 1F


筆の弾性・突く吊り上げる・引かずに押す・始めよければ終わりよし?風船と滑り台とキャッチボール・筆はイメージの後追い・遅は早に勝る・書は触覚芸術?筆は紙に噛み付く・右なら左下なら上の逆ベクトル・筆の声に耳を傾ける・小なら大を心に描く・白が映える・筆が主役・温度感・懐のおおきいたっぷりとした字座―古典に裏けられた線が必然的に創り出す・古典との固い握手・一点一画の中を生き抜く大陸的気象・有機的結合・人間開放・誕生する瞬間・etc
     

*北村宗介プロフィール*
1958年 静岡生まれ。北海道大学卒。上京後、書詩家木村三山に師事。師の没後はフリーとなり、個展、グループ展で作品発表。都内・近郊で書の指導、書法ライブ展開中。

*題字揮毫*
田中泯写真集『天龍を舞う』(静岡新聞社)
宮部みゆき氏『弧宿の人』(新人物往来社) 
山本兼一氏 『火天の城』(文藝春秋)、『雷神の筒』(集英社)、『白鷹伝』(祥伝社)
      『利休にたずねよ』(PHP)、『弾正の鷹』(祥伝社)
火坂雅志氏 『軍師の門』(角川)   etc

高校芸術書道II(光村)作品掲載

ページトップへ