!新谷根千ねっとはコチラ!

古書ほうろうからのお知らせ

近藤ヒロミ カリンバとムビラの演奏 9月10日(日) 18時〜
2006年8月16日(水曜日)公開
アフリカの民族楽器カリンバ奏者の近藤ヒロミさんが沖縄よりやってきます。

9月10日(日)
場所 古書ほうろう
開場 17:30 開演 18:00
入場料 1000円
 飲みもの持込可(近くに酒屋あります)
 店頭、電話、メールにて、ご予約もお受けします。
  電話  03-3824-3388
  メール horo@yanesen.net


近藤ヒロミ from Okinawa プロフィール
東京出身。大学で鋳金を学んだあと、計6年間アフリカで旅と生活をする。そのころに出会ったカリンバ、特にジンバブエのムビラに惹かれ現地で旋律を学ぶ。1990年、沖縄に移住。カリンバを制作しながら、ソロ活動を本格的に開始。1993年、民族楽団「ディンカドゥンク」結成。1997年、女性3名のユニット「アマナ」のメンバーとなる。現在はふたつのバンドのほか、ジャズや沖縄民謡とのセッション、ソロ活動を通してカリンバの音色を響かせている。

カリンバ(ムビラ・サンザ・親指ピアノ)
アフリカ民族楽器。地方によって大きさ、形、素材、音階、音色は様々。木の板に竹か金属の薄片がとりつけてあり、箱やひょうたんなどを共鳴器として薄片を指ではじくとビーンと音がする。

※近藤ヒロミCD「tapiwa」「Dinka Dunk 2」店頭にて試聴できます。

ページトップへ
すばらしき新世界2006年9月12日(火) 20時25分
演奏会とてもよかったです。ただ、最初にひととなりの紹介とか曲の紹介なんぞしてくれたらもっとよかったなあ。アマナのメンバーだったなんて!後から知りました。いま、うちにあったCD1stアルバムきいています。
長いコメントは省略して表示しています。このページのコメントを全部読む