!新谷根千ねっとはコチラ!

古書ほうろうからのお知らせ

内澤旬子さん『革手帖のワークショップ』両日とも締め切りました。ありがとうございます。
2006年7月23日(日曜日)公開
内澤旬子さん『革手帖のワークショップ』両日とも締め切りました。ありがとうございます。 内澤旬子さん『革手帖のワークショップ』追加日決定!

たくさんのお申し込みのメールをいただきました。
ありがとうございます。
急遽、内澤さんと相談し、追加でもう1日設けることにいたしました。
こちらは、定員7名で、5名以上集まれば開催ということになります。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

[追加開催日] 8月18日(金)13:30より18:30(定員に達しました)



[日時] 8月17日(木)13:30より18:30(定員に達しました)
    (個人差で三十分くらい多めにかかる方もいます。)
[場所] 古書ほうろう 〒113-0022
    東京都文京区千駄木3ー25ー5
    tel./fax. 03-3824-3388
    e-mail:horo@yanesen.net
    西日暮里・千駄木駅より徒歩五分 
[参加費] 4000円 
教授料のほかに材料、テキスト(手順が図解入りではいっています)代金が含まれます。
また、道具もこちらで全て用意します。革と本文の紙は数色から選ぶ事ができます。

[定員] 七名先着順です。
年齢制限は無し、といいたいところですが目安としては十歳以上かな。

[申し込み先] 古書ほうろうへメールかお電話でお願いします。
        

久しぶりでございますが、革手帖のワークショップを開催します。背バンドがごつごつっと出た、古風な手帖です。綴じ方は西洋中世式で全面革貼り。丸背。まじめにやろうとしたら百工程はあるものを、いろいろ工夫して五時間くらいでできるようにしました。そのぶん無骨な作りになっておりますが、それも「味」ってことで。難易度はリネンのインド式手帖よりも高いですが、小学生も時間内にできましたから大丈夫です。本格製本に興味のある方、体験版としてどうぞ。

用意するもの メモをとりたい方は筆記用具、服が汚れるのが困る方はエプロン。黒い服の方はホコリがつくかもしれません。
尚、当日キャンセルはどうしようもない場合以外ご遠慮下さいますよう御願いします。
みなさまのお越しをお待ちしております。(内澤旬子さんブログ・空礫日記より)

ページトップへ