!新谷根千ねっとはコチラ!

古書ほうろうからのお知らせ

「第一回モクローくん大感謝祭」
2004年7月4日(日曜日)公開
 ライター・南陀楼綾繁とイラストルポライター・内澤旬子が2003年1月に創刊した月刊「モクローくん通信」は、“世界で唯一の古書目録愛好フリーペーパー!!”を標榜し、古本や古書目録についての話題を掲載しています。
 創刊から一年半経って読者の数も次第に増え、南陀楼のキャラクター「モクローくん」の認知度も上がってきました。また、カバー、本文にモクローくんが登場しまくりの南陀楼の初めてのエッセイ集『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)も好評発売中です。
 つきましては、「モクローくん通信」の愛読者や古本好きの方に向けて、古書ほうろうの特設コーナーにて、3週間の展示販売を行ないます。初日にはイベントも開催します。たくさんの皆様のご来店をお待ち申し上げます。
(南陀楼綾繁)

期間:2004年7月30日(金)〜8月22日(日)
時間:月〜土 10:00〜23:00
   日・祝 12:00〜20:00
場所:古書ほうろう
   東京都文京区千駄木3-25-5
   TEL/FAX 03-3824-3388
   e-mail horo@yanesen.net

*期間中、南陀楼さんは2日に一度は来店されます。モクローくんに会いたいという方は、事前にご連絡ください(kawakami@honco.net もしくは 090-9347-8767 まで)。

【展示内容】
★モクローくん通信のこれまで
「モクローくん通信」各号のバックナンバーの配布、マンガの原画、モクローくん&セドローくん人形の展示など。モクローくん絵ハガキ帖、モクローくんマッチなどのグッズも販売します。

★モクローくんとミニコミたち
新刊『ナンダロウアヤシゲな日々』サイン本のほか、「sumus」「サンパン」「彷書月刊」「本とコンピュータ」などのミニコミ・雑誌を販売。南陀楼さんのミニコミ「物数奇」「日記日和」も、残部僅少を売り尽します。

★モクローくんと古書目録
南陀楼さんが集めている戦前・戦後の古書目録を展示。最新の古書目録を厳選して配布もしくは販売。また、この一年で届いた古書目録を大処分、無料持ち帰りコーナーもあります。

★モクローくんのお宝本
店頭の展示台で、モクローくんのささやかなコレクションを公開します。期間前半はチェコで買ってきた本、後半は花森安治の装幀本を展示する予定です。また、内澤旬子さんが集めた「イイ顔」が表紙の本コレクションも展示します。

★ モクローくんの本棚
南陀楼さんのウチの「けもの道」で発掘された古本を販売します。絵葉書、マッチラベル、チラシなどの紙モノも大量に放出。また、音楽CDも販売します。

*展示内容は変わる場合があります。

【イベント】
★〈BOOKMANの会〉プレゼンツ「古書目録の遊び方」
7月30日(金)午後7時より  入場料 300円
出演:河内紀、向井透史(古書現世、セドローくん)、佐藤真砂(古書日月堂)、南陀楼綾繁

つくる側、読む側から見た古書目録の楽しみ方を語る公開座談会。後半にはマル秘音源の放送もあります。
当日来場の方には、新作のモクローくん絵葉書をサイン入りで差し上げます。

*会場設営の都合があり、なるべく事前にご予約ください。お申し込みは、古書ほうろうか南陀楼さんまで。

ページトップへ