【旧篠田邸見学会(最終回)/ 講演会「80年の時を越えて現れた和のステンドグラス」】

2018年01月21日(日)

たてもの応援団(NPO法人文京歴史的建物の活用を考える会)
WEB http://www.tatemono-ouendan.org/

※クリックで拡大

文京区白山の住宅街にひっそりと佇む築80年の旧篠田邸。
医師の夫婦が建てた和洋折衷の家には、随所にステンドグラスが使われています。
これらは別府ステンドグラス製作所によるものと判明しました。
講演会では、この製作所を設立した別府七郎に焦点をあて、
日本のステンドグラスの黄金期を振り返りお話をいただきます。

2018年1月21日(日) 
■見学会 10:30~14:30 
於:旧篠田邸(文京区白山)
*場所の詳細については案内チラシをご確認ください
見学無料・申し込み不要
*本邸宅は、2月以降、新所有者が居住いたしますので、
 今回の見学会を最後とさせていただきます。

■講演会 15:00~16:30(受付14:45~)
講師:田辺千代 氏(日本のステンドグラス研究家)
   松本一郎 氏(松本ステインドグラス製作所)
於:向丘地域活動センター 多目的室(文京区向丘1-20-8)
参加費:1000円 (申し込み不要)

問い合わせ:たてもの応援団(NPO法人文京歴史的建物の活用を考える会)
メール:info@tatemono-ouendan.org 電話:080-4863-5463

<お願い> 居住される方が決まっていますので、見学の際は下記事項に特別にご配慮願います。
●建物保護のため、大きな荷物の持ち込みはご遠慮ください。
●建具や造作に触れないようお願いします。
●スリッパ、靴を入れる袋をご持参下さい。
●撮影写真のネット掲載は固くお断りします。

>> 過去の情報トピックスはこちら