東京家政大博物館常設展 新収蔵資料紹介 谷中リボン 第一期

2022年09月16日(金) ~ 2022年10月11日(火)

東京家政大博物館
東京都板橋区加賀1-18-1 (百周年記念館 4・5階)
TEL 03-3961-2918
WEB https://www.tokyo-kasei.ac.jp/academics/museum/permanent.html#plink04

※クリックで拡大

常設展 ② コレクション展示
新収蔵資料紹介 谷中リボン
展示期間 :2022年9月16日(金)~2023年2月6日(月)(予定)

本展では、2021(令和3)年に「谷中のこ屋根会」よりご寄贈いただいた、日本初のリボン工場の跡地(台東区・谷中)から発見されたリボン見本帳や書籍を中心に紹介します。

同工場の経営者渡辺四郎(1881~1921)は、ヨーロッパの優れた織物の技術を学ぶために渡欧し、現地で様々なリボンや専門書を収集しました。リボンの見本帳には、そうして集められた外国製のリボンとともに、谷中の工場で織られたリボンの数々が収められています。

精緻なリボンの美しさを楽しみながら、近代日本の風俗や技術革新の様子を感じ取っていただければ幸いです。

貴重な資料をご寄贈くださいました谷中のこ屋根会の皆さまに、改めて心より感謝申し上げます。
また、本展の開催にあたり、谷中のこ屋根会がこれまでに発表・公開されてきた調査研究の成果を参考にさせていただきました。
重ねて御礼申し上げます。

今回のコレクション展示は、以下の6期に分かれており、リボン見本帳と書籍のページ替え、展示替えを行います。
また、3期終了後に一部資料(帽子・勲章など)を展示替えいたします。

1期  9月16日(金)~10月11日(火)
2期  10月12日(水)~10月31日(月)
3期  11月1日(火)~11月19日(土)
4期  11月22日(火)~12月12日(月)
5期  12月13日(火)~1月16日(月) ※12月27日~1月9日は冬季休館
6期  1月17日(火)~2月6日(月)

>> 過去の情報トピックスはこちら