【要予約】旧安田楠雄邸庭園 語りと和楽の芸人衆〈かたりと〉 『圓朝花火』【1回目は満席になりました】

2020年10月24日(土)

たてもの応援団
TEL 03(3822)2699 (水・土)の10~16時
WEB https://tatemono-ouendan.org/

※クリックで拡大

三遊亭圓朝の人生を花火に重ねた傑作短編「圓朝花火」。
作者の正岡容(まさおか いるる)は、小沢昭一ら多くの弟子を持ち、江戸から明治における寄席芸能への愛着と造詣は追随を許さないものがあります。正岡作品ならではの小気味良い語り口と津軽三味線の響きを、お楽しみください。
※新型コロナウイルスの感染防止対策を講じた上で実施いたしますので、ご来館の際はマスクのご着用及び検温・手指の消毒にご協力ください。


【料金】¥3000(JNT会員 2500円)
* 維持修復協力金を含む
各回定員20名 要予約
お支払いは現金のみ。接触を最小限にするため、お釣りがないようにご用意いただけますと幸いです。

【ご予約】2020年9月12日(土)より 受付開始
yasudatei@yanesen.org
電話 03(3822)2699  
電話予約は、通常公開日(水・土)の10~16時受付
ご希望回、枚数、お名前、連絡先をお伝え下さい。

【出演】語りと和楽の芸人衆〈かたりと〉
語り 北原久仁香、津軽三味線 小池純一郎

【プログラム】『圓朝花火』(正岡 容作)
谷根千に縁の深い三遊亭圓朝。
没後120年の今も尚、落語の神様と称えられる彼の若き姿と終焉を描く。

【会場】東京都指定名勝 旧安田楠雄邸庭園
(東京都文京区千駄木5-20-18)

東京メトロ千代田線「千駄木駅」1番出口7分
JR山手線「日暮里駅」「西日暮里駅」15分
文京区コミュニティバスB-ぐる「特養ホーム千駄木の郷」より徒歩1分

*通常公開日は水・土曜10:30~16:00(入場15時まで)入館料(維持修復協力金)¥500等
*建物保全のため、靴下の着用をお願いします。

【主催】公益財団法人日本ナショナルトラスト
    たてもの応援団
【協力】旧安田邸サポート倶楽部


>> 過去の情報トピックスはこちら