| 一覧 | 縮小画像 |
地域雑誌「谷中・根津・千駄木」 79号
蟲を探して/やねせん博物誌
2005年3月25日(金曜日)発行  525円   在庫有りマス -> 購入方法
79号 蟲を探して/やねせん博物誌
はっきり言えば日本にはろくな昆虫館がないのである。

国立、あるいは公立の昆虫館などというものは絶望だから、いっそ自分が造る。私の住んでいる場所に因んで名は「千駄木昆虫館」。パリの植物園にある昆虫館に範を取って窓をなくし、特殊な、標本をいためない電灯にすれば、展示のしっ放しでも百年ぐらい標本はもつ。徹底的に楽しい昆虫館を造るのである。ドイツ型標本箱を二百箱ぐらい常設展示して、それを年に二回、できれば四回展示替えするとすればまあ、合計八百箱。一箱に平均五万円かけるとして、四千万円もあれば、一通りの有名昆虫はそろえて人に見せることが出来るだろう。私のコレクションは既にその何パーセントかを達成しているし、問題は建物である・・・。(略)

(一九八六年 奥本大三郎「ファーブル博物館妄想」『博物誌』筑摩書房)
目次─地域雑誌「谷中・根津・千駄木」其の七十九 二〇〇五・春

◎特集/蟲を探して
 やねせん博物誌─2
 ファーブル昆虫館誕生─奥本大三郎、井上洋二氏に聞く─4
 「オオミズアオ」の生存─村岡次郎さんの手紙─12
 上野公園にいた虫─小川潔さんとタンポポ─14
 谷中の昆虫事情─小川透君の観察のノート─15
 河合嗣生さんと歩く、やねせん昆虫記─17  
 インドの木染めと織物の店「アナンダ工房」─26
 ヨシさま来日─伊東清隆さんと鳥─28
 偉大なるアオ─高田榮一さんと爬虫類─30
 喫茶店「花歩」─34

◎桜/碑銘の記憶
 瀧波善雅と桜樹苗寄贈の碑―興津喜四郎―36
 廣群鶴と櫻賦の碑―加藤勝丕―38

◎Mの旅日記
 生田春月と生田長江―41

◎おいしい店見つけた
 よかしこや今風庵―中濱潤子―44

◎ステンドグラス特集補遺
 ステンドグラス探しの習性が消えない―45
 ステンドグラス講座―46
 小川三知の工房を知る人に出会えた―47
 ステンドグラス作家の木村愛さん―48

◎七十六号稲荷特集補遺
 消えた稲荷―50

◎電脳コラム3
 インターネットで谷根千創刊号を読もう―守本善徳―51

◎ウーロン亭ちゃ太郎、オペラ落語連続公演を聞く
 こいつは春から縁起がいいや―52

◎「誰も知らない」谷根千製作裏話―53

◎斎藤月岑のこと―57

●剪画「屋敷森(千駄木ふれあいの杜)」―石田良介―61
●マンガ「谷根千秘録」―つるみよしこ―63
●碓連房通信―54 ●おたより―58
●谷根千ちず―32 ●編集後記―64 ●お知らせ―65
題字/本郷松しん タイトル文字/川原理子 本文イラスト/仰木ゆず子 助っ人/守本善徳+林美子+小林美幸+仰木亮彦 校正/小野寺由紀子 写植/株式会社スマイル企画 印刷・製本/株式会社三盛社 
<表紙/マーメイド|サーモン>
| 一覧 | 縮小画像 |
ページトップへ
このページ「地域雑誌「谷中・根津・千駄木」 79号」へのコメントがあればどうぞ。
お名前(任意): 
コメント(入力必須;HTMLのタグは使えません):
※「投稿内容の確認」をクリックすると確認画面を表示します
※このページコメントからなにかをご注文にならないようお願いします。谷根千ねっとでは購入方法で記載した方法以外でのご注文は受け付けていません。ご理解をお願いします。