地域雑誌 「谷中・根津・千駄木」 60号

十五年目の町 懐かしい建物、懐かしい人たち

1999年12月28日(火曜日)発行  525円  在庫有りマス -> 購入方法

60号 十五年目の町  懐かしい建物、懐かしい人たち

※クリックで拡大

あのころ私たちは二十代だった。
町には明治二十年代生まれの人がいっぱいいた。
根津の藍染座や団子坂菊人形を知っている人がいた。
まだ不忍通りは瓦屋根の二階家が目立った。
四軒長屋もそこここにあった。
路地には井戸があった。
あったものが今はない。
「谷根千」を出しつづけて十五年。

町はどう変わったのか。
生きてたかが百年、
と思うけど、それだけに十五年は長い。
十五年をすごした町は重い。

写真協力 平井勝夫、前田秀夫、角田篤彦、谷中学校
スケッチ 椎原晶子

其の六十/1999・冬

◎特集/懐かしい建物、懐かしい人たち
十五年目の町
藤原恵洋/桐谷逸夫/桐谷エリザベス/野沢延行/手嶋尚人/椎原晶子/権原伸博/前田秀夫/角田篤彦/三田商店/成伏亭
変化する町 十五年を歩く
◎谷根千オンブズマン
日暮里富士見坂の眺望が危ない
◎谷中墓地のあしたはどっちだ -- ネコ編
◎サンベの犬も歩けば -- 並ぶ植木に秘密あり?
◎ひろみの一九六〇年代図鑑 -- 動坂ストアー
◎五十九号特集補遺と訂正 -- 風景協会のことなど/藤島亥治郎
●剪画「伊勢五酒店」「スカイ・ザ・バスハウス」石田良介
●谷根千ちず●確連房通信●おたより●編集後記●お知らせ

 

>> 一覧ページへ戻る