ドキュメンタリー映画『阿賀に生きる』+『阿賀の記憶』を観る会【要予約】

2018年12月22日(土)

河上進
E-MAIL kawasusu@nifty.com

※クリックで拡大

トークイベント「丹藤商店という日常」関連企画

ドキュメンタリー映画
『阿賀に生きる』+『阿賀の記憶』を観る会
解説・旗野秀人さん(冥途のみやげ企画)

1965年、阿賀野川流域で発生した新潟水俣病を抱えて生きる3組の夫婦の日常を淡々と描いたドキュメンタリー映画の名作『阿賀に生きる』と、その10年後を描いた続編『阿賀の記憶』を上映します。それぞれの上映に、『阿賀に生きる』の製作発起人であり、佐藤真監督らスタッフを支援してきた旗野秀人さんの解説が付きます。

日時 2018年12月22日(土) 
『阿賀に生きる』13:30開場/14:00上映
『阿賀の記憶』16:30開場/17:00上映

場所 谷根千〈記憶の蔵〉 TEL 090-9347-8767(河上、当日のみ)
   〒113-0022 東京都文京区千駄木5丁目17-3
   蔵への地図はGoogleマップ
東京メトロ千代田線「千駄木駅」1番出口より徒歩10分
東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩12分

参加費 1本 800円/2本 1500円
予約方法 メール 件名「12/22映画会」作品名、お名前、人数、お電話番号を記入のうえ、kawasusu@nifty.com(河上)まで。

タイムスケジュール
13;30 開場
14:00~16:00 『阿賀に生きる』上映
16:00~16:30 旗野秀人さん解説
16;30~17:00 入替・休憩
17:00~18:00 『阿賀の記憶』上映
18:00~18:30 旗野秀人さん解説

『阿賀に生きる』1992/115分/カラー/DVD上映
監督・佐藤真 撮影・小林茂 製作・阿賀に生きる製作委員会

『阿賀の記憶』2004/55分/カラー/DVD上映
監督・佐藤真 撮影・小林茂 製作・カサマフィルム

旗野秀人(はたの・ひでと)
1950年、阿賀野市(旧安田町)生まれ。71年より家業の大工を継ぎながら、新潟水俣病未認定患者の運動に取り組む。ドキュメンタリー映画『阿賀に生きる』製作発起人。映像作品『阿賀野川 昔も今も宝もん』『冥土のみやげ 北海道の旅』、絵本『阿賀のお地蔵さん』、CDアルバム『唄は百薬の長』等の製作。水俣、阿賀野市千唐仁、渡良瀬、鹿瀬のお地蔵さんを建立。新潟水俣病30周年「それぞれの阿賀展」、40周年「阿賀ルネサンス」などを企画、製作。水俣病問題を文化運動として展開し、今日に至る。新潟県立「環境と人間のふれあい館」運営委員、新潟水俣病安田患者の会事務局、冥土のみやげ企画、阿賀に生きるファン倶楽部事務局、(株)旗野住研取締役社長。




>> 過去の情報トピックスはこちら