!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2004年12月
No.928  2004年12月28日(火)

 早番。実は昨日、初めて一般のお客さんからCDの持ち込みがあったのですが(やったー!)、午前中はそれらのうち、聴いてみないと判断できないものをかけながら値付け。合間に買取りがあったり、友人が遊びにきてくれたりで、あっという間にお昼に。
 13時からは出張買い取り(アトリエ坂の上あたり)。いつも通り台車で往復してきました。ブックオフに勝ち目がないのがこの出張買取り。何しろこちらには車がなく、僕には免許さえないですから。でも、そんなに遠くでなければ、時々はこうして伺っているので、ご近所にお住まいで「自分で持って行くのは無理だけど」という方がいらっしゃいましたら、一度ご相談ください(以前は基本的に出張費をいただいていましたが、4人で話し合った結果それはやめました)。
 店に戻って、今度はよみせ通りのツルオカ・サイクルへ。自転車のブレーキ修理。毎日毎日狸坂を下って出勤するせいで、ブレーキはほんとすぐにダメになります。一年持たないですね。その後急用ができたのでいったん家に帰り、昼食を取り(ジューシーと味噌汁)、また出勤。レジに入って、品出し予定の本をグラシン紙で包む作業。好きな音楽を聴きながら(時には口ずさみながら)グラシン紙を切ったり折ったりするこの時間を、僕はこよなく愛しています。心が安らぎます。
 しばらくして、フリーライターをしている友人粥川準二来店。時々不要になった本を送って来、査定が済むとその代金で本を買っていってくれる、義理堅く心優しい男です(おもに科学方面の仕事をしている彼の著作はこちらほか)。小1時間ほど本を選んでいた粥川が帰るともう夕方。預かりの計算を2件ほどこなすと、本日の仕事はおしまいと相成りました。

<今日店でかけたCD>
『温故知新』What's love?

 このCD、今日初めて聴いたのですが、楽しいですよ。日本の3人組スカ・バンド「What's love?」のカバー曲集。横山剣との「あの鐘を鳴らすのはあなた」に始まり、「冬のリヴィエラ」「なごり雪」「木綿のハンカチーフ」と畳み掛ける展開に、私の心はもうメロメロ。素晴らしい選曲に劣らずカッコいい演奏に体はノリノリで、口笛吹き吹き足踏みならして仕事をしました。

(宮地)

注 
 本日昼過ぎ以下のような告知をしましたが、今のところ何とか生きながらえています。このままだましだまし使っていけるようなら、正月期間中もアップします。ただ念のため、重要な連絡は電話でお願いいたします。
ーーーーー
こんにちは。
現在、宮地家のパソコンに故障の前兆が現れています。
山と神原のパソコンは大丈夫なのでメールを受信することはできますが、担当が分かれいるため、内容によってはすぐにお返事できないかもしれません。お急ぎの方はお手数ですがお電話でお願いします。

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2004年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ