!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2004年12月
No.925  2004年12月24日(金)

 遅番。出勤前に神保町まで行って何軒か平台を覗いてきたのですが、ちょっとした拾いものがありご機嫌。帰りに白山上の小田原屋で好物の「中華もやし」を買うこともできました。その後出勤してから谷中銀座にも行ったのですが、ただでさえクリスマス・イヴのところに新しい総菜屋の新規オープンまで重なり、凄まじい熱気でした。チキンと値引きの嵐。

 谷中銀座の総菜屋というと、ここ1〜2年の間に「キヤ」と「味千」が立て続けに店を閉め、僕たちの昼のおかず生活に大きな支障をきたしていたのですが、最近また店が増えてきました。ここのところ何となく利用することが多いのが、新装オープンして総菜部門を強化した豆腐の「武藏屋」。どうも味に馴染みがあるなと思っていたのですが、厨房の方をよく見てみると、料理人のおじさんは以前「味千」にいたあの人でした。道理でねえ、と感心することしきり(山によると、それ以前はすずらん通りで「キヨシ」という店をやっていたそうです)。

 仕事の方は品出し少々と帳簿チェックといったところ。買取りの少ない穏やかな一日でした。出した本については「本日の品出し」をご覧ください。なんだか840円均一のような雰囲気になってしまいましたが、僕のなかでは『ラスベガスをやっつけろ!』が目玉。ムロケンさんの訳した最初に出た版。装幀もグッドです。

<今日店でかけたCD>
『CHRISTMAS TREE』吉田美奈子
『ハウ・インセンシティヴ』デューク・ピアソン
『ONDAS』MIKE NOCK

『CHRISTMAS TREE』は'90年12月に東京グローブ座でおこなわれたクリスマス・コンサートのパンフレット付録シングル。この曲が収められた自主アルバム『BELLS』は当時からすごい値段が付いていたので、このシングル盤は長い間重宝してきました(2年前に『BELLS』が再発されたのでややありがたみは薄れました。まああれはコピー・コントロール盤ですけど)。この時期になると必ず店でもかける、大好きな曲です。美奈子さんの一人多重コーラスの凄さと美しさを存分に味わえます。

『ハウ・インセンシティヴ』もこの季節になるとかけてしまう1枚。当時のピアソンのブラジル音楽への傾倒と(アイアート・モレイラ、フローラ・プリム参加)、かつてドナルド・バードとの共同作業のなかで培った、コーラスとバンドとを融け合わす技が(素晴らしき『A NEW PERSPECTIVE』!)、うまい具合に結びついたアルバム、と個人的には感じています。

『ONDAS』はECMの隠れ名盤。'81年録音。かつて上野のジャズ喫茶「イトウ」でアルバイトをしていた時、先輩の女性に教えてもらいました。マイク・ノックはニュージーランド出身の、とても良い曲を書くピアニストです。全曲自作のこのアルバムはピアノ・トリオなのですが、バーでかかるような規則正しい4ビートのそれとは全然違う、深く深く沈んでいくような感覚を持ったもので、一時非常にハマりました。
 もう15年以上も前、初めてこれを聴いた僕はすぐ欲しくなり、あちこちのレコード屋さんを回りました。しかし、探す技術が稚拙だったこともあって見つけられず、結局吉祥寺の新星堂に頼んでドイツまで注文を出してもらったことをよく記憶ています(「ECMのアルバムすべて取り寄せます」という貼紙がしてあったのです)。ところがこれが来ない。待てど暮らせど来ない。確か何ヶ月もかかりました。でも届いたときの喜びは大きかった。今だったらamazonでワンクリックすれば買えちゃうし、それはとても便利なことだけど(実際僕も使います)、それが幸せなことかどうかはわかんないですね。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2004年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ