!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2002年1月
No.294  2002年1月24日(木)

 今日、ストーブの修理が終りました。燃焼部分の部品が駄目になっていたのですが、そうなった原因は夏を越した灯油を使っていたことにあったようです。少なくとも大きな要因のひとつであったことは間違いない、と。使わない時期にストーブのタンク内に灯油を残しておかないこと、および前シーズンの灯油を使わないことが、故障を防ぐために最低限しなくてはならないことだそうです。僕たちほうろうのメンバーは誰一人としてそんなこと知らなかったのだけど、実は世間では常識なのかしら?

 さて、ここからは個人的な話。
 日曜日に本駒込図書館で借りたリヒテル(というピアニスト)のCDがきっかけとなって、今週はプロコフィエフの音楽をよく聴いています。リヒテルのは『20世紀ピアノ音楽の夕べ』という2枚組(POCL-1272/3)で、その巻頭にソナタの2番が入っていて、これがとてもよかったのです。僕にとってプロコフィエフといえば、ピアノ・ソナタの7番とピアノ協奏曲の3番、それと『ロミオとジュリエット』のピアノ編曲版が3本柱で、あと『束の間の幻影』も好き、といった感じだったのですが、新たに好きな曲(あるいは演奏)を発見できたことがとても嬉しく、その余勢を駆って、手持ちのものを聴き直したり新たに借りてきたり、取っかえ引っかえやっているわけです。プロコフィエフのピアノ曲の、鋭角的無機的でありながら叙情的でもあるところが僕は好きで、1年に何回か突然聴きたくなるのですが、今回のはそのなかでも大きな波になりそうで楽しみです。

(宮地)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2002年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 RSS
ページトップへ