!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年9月
No.180  2001年9月20日(木)

 人より少し遅い朝を迎え、朝ごはんを食べる。
 自転車を3分ほど走らせて店に行く。早番なら店を開け、中番なら早番の人と入れ代わってレジに入る。いつも通りお馴染みさんが雑誌を買いに来て、いつも通り本の掃除をして本を棚に入れて買取がくれば計算をする。
 昼ごはんのおかずはどこで買おうか迷いながらよみせ通りや谷中ぎんざをうろうろする。途中うちのお客さんや顔見知りの人とすれ違って「あ、どうもこんにちは。」なんて挨拶を交わしたりする。
 昼ごはんが終わればまた同じように仕事を始め、ちょっと立寄ってくれたご近所さんに耳寄りな情報を聞いたり、棚に出す前の本をついつい読みふけったり、店員同志他愛のない話に花を咲かせたりしながら夜になる。
 仕事をあがって晩ごはんの買物に行き、サミットで真剣に野菜を選んだりしてる時に知合いに声を掛けられてちょっと恥ずかしい思いをしたりして家路に着く。晩ごはんの支度をして、宮地が帰ってきたらビールで一息ついて、人より遅い晩ごはんを食べる。毎日がそんな風に過ぎていく。
 
 この町で店を始めて6年、住み始めてもうじき4年。知合った人たちは皆、自分の足で踏ん張り、自分の言葉を持った信頼できる人ばかりだ。安心して毎日穏やかな気持ちで生活できる。
 
 でもこの一週間、よいしょっと立ち上がっていつもよりちょっと遠くを見渡すと、彼方から真っ黒の雲がどんどん迫ってきている。今にも私の上の青空を覆い尽くしてしまいそうで、とてつもなく不安で暗い気持ちになる。

文明社会って何?
報復でテロリズムが根絶できるのなら、とっくになくなってるはずなんじゃないの?
犠牲になってしまったたくさんの人たちの大切な命、人生を無駄なものにしない為にはどうしたらいいのだろう。
事件以来嫌がらせを受けたり、まして間違えて殺されてしまった人たち、その家族はどこに怒りをぶつければいいの?
国際社会に遅れをとるのはそんなにいけないことなの?
テロリズムは絶対に許しません。けれど日本は軍事的報復には一切協力しません、と言ったらどうなるのかな?
日本国内の米軍基地を自衛隊が警備。何か変じゃない?
もしこの事件が日本で起きていたら私も日の丸を振っているのだろうか?
新しい戦争って何が?目に見えない敵と戦うってこと?
戦争って大した環境破壊ですよね。
人間は何様?

(アオキ)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ