!新谷根千ねっとはコチラ!
[ 書く ]
日々録   2001年9月
No.171  2001年9月11日(火)

 今日は台風で大変だったという話を書くつもりだったのですが、もうそれどころじゃなくなってしまいました。

(宮地)


 なんということだろう。くり返される貿易センタービル炎上倒壊の映像を前に、私の中でも、なにかがバラバラと崩れ落ちていくかのよう。
(神)


パレスチナ自治区の映像に愕然としている。
イスラムの突撃精神とやらを讃えて旗を降りながら喜ぶ民衆。
真珠湾攻撃成功の報に浮かれる60年前の日本国民を見ているようで、人間という生き物の恐ろしさに胸くそが悪くなる。
ピッツバーグ郊外に墜落した旅客機もあるというが、米空軍機に撃墜されたのだろうか。
どんな気持ちだろう。
行き先を知った乗客は。
倒壊するビルの中にいるかもしれない家族や恋人や友人の安否を見守る者は。
善良なイスラムN.Y.市民は。
いつもと同じはずの一日のはじまりが、一瞬にして消えてしまうのは。
思想、民族、宗教、国家。
敵対、差別、憎悪、教育。
許せない、人間という生き物がいる。
(山)

最新

2006年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2005年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2004年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2003年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2002年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2001年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

最新 2001年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 RSS
ページトップへ